JEWA 日本炭窯木酢液協会 の HP

木酢液について


3/17 あぐりナビより
 <木酢液について教えてください。> 
Q:木酢液はについてお聞きしたいのですが、「特定農薬」からは外れましたが、防除
効果が確認出来れば特定農薬となるような感じで、保留となっているみたいですが、
それまでに防除効果を望まなければ使用しても良いのでしょうか?その他保留となっ
た物に関しても今後使用が出来ないのでしょうか?...
(千葉県 : 03/03/03)
 
A:
木酢液は、現時点では特定農薬に指定されておりませんが、今後防除効果や安全性等
についての確認を行い、問題がないと判断された場合には特定農薬に指定されること
が考えられます。その間は、「使用者が農薬的に使えると信じて使う場合」は取締
りの対象になりません. ただし、このものを「農薬としての薬効を謳って販売される
もの」は、従来どおり取締りの対象になります。このことに...

 

2/1
1/30 農業資材審議会は農薬分科会を開き、木酢液などは公的機関が防除効果を確認するまでの間は、

使用者である農家が自己責任のもとで使えることになった。
    内容

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

そもそもアイガモや熱湯まで農薬にするというのが間違いだった。木酢液は先送り。


日本農業新聞 1月22日

オンラインニュースから ここ


12/21  日本農業新聞(12/21)によると、木酢液について特定農薬小委員会では、特定農薬の指定について
                    一定の製法、基準を条件に認めるべきだ。、
                    色々な成分のものがあり農薬として登録をとるべきだ。
              と、意見が2分され結論は2003年以降に
      (番外)
             「特定農薬」の指定については 物質自体の防除効果は問わない方針 だそうで............牛乳も特定農薬?

11/9 日本農業新聞(11/9)によるとイチゴ農家が木酢液を展着剤に使いたいがどうだろう
     と言う記事が載っており、その答えとして農水省は、展着剤として使えば農薬だが、木酢液
     農薬として登録されていない。また農薬取締法の改正案では、使用できる農薬は、農薬登録
     をうけて表示のあるものか、特定農薬として定めのあるものとされている。木酢液が特定農薬
     になるかどうかは、今後専門家の意見を聞きながら検討する。
     と言うことなので、今まで稲の活性化などに使ってきましたが、肥料としても認められなければ
     今後は木酢液が使えなくなりそうですので、来年からは有機大地米のみになりそうです。

11/1 さいきん問題になっている無登録農薬、特に木酢液について
     新聞などの記事を参考にして考えてみたいと思います。
          今まで、ホームセンターや園芸店などでも家庭菜園や観賞用の花などの虫除けなどと
     して店頭で売られていましたが、これが登録農薬なのかどうかと言うことまでは考えないで
     買い求めていました。農薬ならば無登録農薬と言うことになりますし、ましては肥料と
     言うことも考えずらいところです。私たちはもっぱら土壌改良の目的で使ってきましたが
     それも明らかな効用というものが確立され、且つ使用を認められなければ使えなくなります。